天然素材

合成抗生物質に替わる全く副作用のない

コロイダルシルバ-は、
d0127596_1523487.gif
合成抗生物質に替わる全く副作用のない驚異の自然抗生物質です。
遊離銀の中、特にそれが電気化学処理された液体状態の中では、病気をひきおこすどんな細菌も生きてはいられないのです。コロイダルシルバーに含まれている100万分の5の濃度の遊離銀が、最も効果があり、安全なものです。
高い濃縮率の場合、効果が薄く、例え内服に使用してもこれらが消化管の有益なバクテリアの邪魔をし、その結果皮膚の変色を起こします。
最近、日本でもデパートやスーパーに行くと、バス用品、台所用品、食器に至るまで「抗菌」製品が沢山陳列されるようになりました。これは金・銀・銅などの金属が持つ有機質バクテリアや悪玉細菌を殺すオリゴジナミー効果を利用した製品群で、その効果たるやスゴイもので、黄色ブドウ球菌も24時間以内にほぼ死滅させる能力があります。その金属のなかでも特に強い「銀」を、しかも人体への害を全く無くすまでに超微粒化したのがこの「コロイダルシルバー」なのです。
家族の健康維持の為に、一家に1本用意しておくことをお勧めいたします。
高品質のコバルト色のガラス容器により、本物の電気分解溶液状態を保ち紫外線による変質を防ぎます。
利用方法 
切り傷や掻き傷、火傷、腫れ物、口内炎などには、患部に直接スプレ-して使用し、風邪には喉に噴霧して飲用してください。
飲用する場合は、小さじ1~2杯を、水に溶かして1日3回飲みます。(12未満のお子様は、大人の半分の使用量で…)
40回のスプレ-は、小さじ1杯分に相当します。

品 質:

銀はコロイド状だと多くの感染症に効果があることが認められています。
又適度な濃度では無害で全ての種類のカビ、細菌、原生動物、寄生虫、そして特定のウイルスに効果があります。

LPI社の最高品質COLLOIDAL SILVER は電流により銀をコロイド化する大変高度な技術により生産されています。pH は約6.5 で自然な深い金色をしています。

生産時に含まれる0.0001 ミクロンという超微粒の99.999%純銀の粒子の量は20ppm で電荷を帯びさせたのちイオン化水に懸濁します。冷蔵保存する必要はありません。

LPI社のCOLLOIDAL SILVER は化学物質やタンパク質、安定剤、人工添加物などなしで懸濁液に留まることができます。通常、抗生物質一つでは細菌の約半ダースほどしか殺すことができないのに対し、銀は650 も殺すことができます。
銀の場合抗生物質と違い、耐性菌も生まれません。

成 分:

LPI社のCOLLOIDAL SILVER には99.999%の純コロイド状銀粒子がイオン化水に20ppm 含まれています。各粒子大きさは直径0.0001 ミクロンで電荷を負っています。

保存料、砂糖、スターチ、食塩、麦、イースト、とうもろこし、牛乳、大豆誘導体、人工香料、人工着色料などの人工成分、タンパク質安定剤、等の添加物は一切含まれていません。

利用方法:

大人と12 歳以上の子供は小さじ1 杯から3 杯を必要に応じて1 日3 回服用。12 歳以下の子供は半
量を服用。40 プッシュで小さじ1 杯分です。
直接腫れや傷、火傷にスプレーすることもできます。

歴 史:

銀はその効能が認められた抗細菌剤として1900 年代初頭に使用されていました。
当時は抗生物質治療の中核でありました。今日の技術はさらに進歩しており、銀をさらに活用することができます。医療専門誌「Lancet」には1914 年に見られたコロイド状銀の驚くべき効能が報告されています。
ヘンリークルックス博士はコロイド状銀には高い抗菌作用があるだけでなく、人体には全く無害であることを示しています。
コロイド状銀は全ての種類のカビ、細菌、原生動物、寄生虫、そして特定のウイルスに効果があることが認められており、これらが数分のうちに退治されてしまうこともよくあります。

カルフォル二ア大学ロスアンゼルス校医学部のL.C.フォード医学博士は1988 年に、銀の溶解液は、連鎖球菌、発熱物質、ブドウ球菌、ナイセリア、淋菌、サルモネラ菌、トリコモナス菌、そしてその他の腸内病原菌に効果があると発表しました。
又同博士は銀がカンジタ菌などのカビにも効果があることを発見しています。

1978 年のScience Digest に掲載された「Our Mightiest Germ Fighter (最も協力な細菌退治物質)」という記事では「銀が現代医学の驚異として注目されはじめている」と書かれています。通常一つの抗生物質では半ダースほどの細菌しか殺すことができません。それに対し銀は650 ほどを殺すことができます。

抗生物質のように銀では耐性菌が生まれることもありません。ロバートオーベッカー医学博士は「我々は銀に殺菌作用があることを再発見した。
これは何世紀にも渡って知られていたことだった。
しかし抗生物質が発見されるととも抗菌剤としての銀の使用は忘れられてしまったのだ」と言っています。

コロイド:

「コロイド」とは超微粒子で構成される物質のことをいいます。
LPI社のCOLLOIDALSILVER のような純粋なコロイドの場合、これらの微粒子は肉眼では見れないほど細かく、さらに電荷を帯びています。これにより銀の殺菌作用が発揮されるのです。

生 産:

「すりつぶし」法を使うこともできますが、この場合粒子が大きすぎ、タンパク質やその他の安定剤が必要になります。
安定剤は効果を減少させてしまいます。又化学的処理を行うこともできますが、その場合、最終的製品の酸度が高くなりすぎ、効果がなくなってしまいます。

LPI社のCOLLIDAL SILVER は銀を超微粒子にすることが可能な電解法で生産されたもので、僅かな電荷を与えるだけで液体内に懸濁することができます。
この方法では化学物質や安定剤を加える必要もなく、純粋なコロイドと呼ぶことができます。
微粒子は半永久的に懸濁液として留まることができます。

色:

LPI社のCOLLIDAL SILVER は理想とする深い金色をしています。
純粋なコロイドでない他の製品は、着色料を使用しない限り、他の色をしています。
色はコロイド状銀の品質を決める重要な手がかりです。

自然の効能:

銀は正常な免疫機能に関わりがあるといわれており、銀の摂取量が十分でないと感染症にかかりやすくなります。
LPI社のCOLLOIDAL SILVER には純度99.999%の直径0.0001 ミクロンのコロイド状銀の粒子が20ppm含まれており、胃腸にいる善玉菌にはほとんど影響を与えません。

濃度が高すぎる製品は抗生物質のように善玉菌も退治してしまうので注意が必要です。
善玉菌がなくなると自然のバランスが崩れ、他の合併症を引き起こすことになります。

コロイド状の銀に関しては濃度が高ければよいというわけではありません。本当はその逆なのです。

COLLODAL SILVER の利用方法:

抗生物質として使用する場合、大人と12 歳以上の子供は小匙1から3杯を1 日3回服用します。
12 歳以下の子供は半量を服用します。COLLOIDAL SILVER は無味、無臭で目などの敏感な組織を刺激することもないため、傷や腫物、火傷や虫さされの応急処置として患部に直接スプレーすることもできます。

LPI社のCOLLOIDAL SILVER はスプレー付きのビンに入っていますので、局所的にスプレーするのに便利ですが、内服する際も口腔内にスプレーするのをお勧めします。40プッシュ分が小匙1 杯に相当します。

効能を最大限にするため直接口腔内にスプレーし、数秒ためてから飲みこんでください。
これを服用希望の小匙分に到達するまで繰り返します。この服用法で銀は腸内細菌叢に福行路で到達するだけでなく、舌下吸収されてより早く体内に取りこまれます。
[PR]
by shou-t21 | 2008-01-06 15:24 | 健康
<< 肌が見違えるほど若返ります 健康な視力を維持 >>



天然素材100%サプリメントを紹介するプログです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧